弦楽器関連商品【CD】橋本洋「J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ全集」の販売・購入

951CD005

New!おすすめ! 橋本洋「J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ全集」

確かな実力が高く評価されているヴァイオリニスト、橋本洋氏によるバッハの無伴奏ソナタ&パルティータの全集がリリースされました。

橋本氏の演奏の最大の魅力を個人的に断言させてもらえるなら、その音色にも音楽性にも雑味が一切なく、極めて透明度が高いことだと申し上げたいです。現代では、国内はもとより世界を見渡してみても、橋本氏のような洗練という言葉が真っ先に頭に浮かぶ演奏は希少です。他のヴァイオリニストに準える語弊を承知の上で敢えて言うなら、その明快さと洒脱さはミルシテインのようでもあり、鮮やかに弾き切るスピード感はハイフェッツのようでもあります。

少し話が逸れますが、大上段に構えた説教くさいバッハって少なくないと思いませんか?この演奏は全然違います。一瞬たりとも退屈することなく心地よく引き込まれる音楽、かといって決して軽くはなく高貴な世界観、橋本氏の演奏スタイルの美点はこのバッハ無伴奏で如何なく発揮されています。

※YouTubeで試聴できます
橋本洋プロフィール
3才からヴァイオリン、4才からピアノを学ぶ。11才で全日本学生音楽コンクールに満場一致で全国第一位。東京芸術大学附属高校を経て東京芸術大学卒業。大学在学中に大阪府知事賞受賞。摂津音楽祭コンクールに満場一致で優勝。大学では指揮法も学ぶ。大学卒業後、ジュリアード音楽院で名教師、ドロシー・ディレイ氏に師事して研鑽を積んだ。留学中欧米各地でコンサート活動を行う。帰国後もオーケストラの共演やリサイタル、室内楽において活動し、2007年のウィーンでのリサイタルは最高級の賛辞を受けた。また、2009年にもウィーンをはじめヨーロッパで6回のコンサートを行い、いずれも絶賛された。
2018年にはニューヨーク・カーネギーホールでリサイタルを行い大好評を博し、ニューヨークの新聞で「超絶なテクニックとダイナミックな演奏で、観客をあっという間に惹き付けた。柔らかな旋律の奥にも情熱を感じさせる力強い音色。」と絶賛された。また同年、国内ヴァイオリ二ストとして史上二人目となるバッハ無伴奏ソナタ&パルティータ全曲リサイタルをJTアートホールで開催。12月にはヴィヴァルディ「四季」全曲を筝と世界初演するなど目覚ましい活動を続けている。現在は演奏活動の他、日本クラシック音楽コンクール全国大会、全日本ジュニアクラシック音楽コンクール、デザインK国際コンクールの審査員を務めている。
これまでに会則道、山岡耕作、日高毅、齋藤真知亜、堀正文、山口裕之、田中直子、クルト・サスマンズハウス、ヒョー・カン、ジャン・ピエール・ヴァレーズ、クリスチャン・イヴァルディ、海野義雄の各氏に師事。また、マスタークラスにおいてアイザック・スターン、ザハール・ブロン、ヘルマン・クレバースに師事した。
ヴァイオリニスト橋本洋(公式ホームページ)
参考価格:¥4,400税別:¥4,000
販売価格:¥3,570税別:¥3,246)
  • この商品はご注文後(銀行振込・郵便振替の場合ご入金確認後)翌3営業日以内に発送可能です。