バイオリン(ヴァイオリン)商品【バイオリン本体】カルロ・ヴェットーリ / Carlo Vettoriの販売・購入

カルロ・ヴェットーリ(Carlo Vettori) カルロ・ヴェットーリ(Carlo Vettori) カルロ・ヴェットーリ(Carlo Vettori)
Carlo Vettori(カルロ・ヴェットーリ) Firenze, 1940-

1940年イタリア・フィレンツェ(Firenze)生まれ。父ダリオ(Dario Vettori, 1903-1973)とジュゼッペ・オルナーティ(Giuseppe Ornati, 1887-1965)にヴァイオリン製作を学び、1959年に独立。シルヴィオ・ヴェツィオ・パオレッティ(Silvio Vezio Paoletti, 1883-1971)やカルロ・ビジャッキ(Carlo Bisiach, 1892-1968)とも交流を持ち、その知見をヴァイオリン製作に活かした。1956年にぺリ(Pegli)国際製作コンクールで第1位を受賞したのを皮切りに、バニャカヴァッロ(Bagnacavallo)やバヴェーノ (Baveno) を含む様々な国際製作コンクールで第1位を7回、第2位を3回獲得するなど、常に高い評価を受けた。現代を代表するマスター・メーカーの一人で、モダン・イタリアンのミラノ・スクールの流れを汲むフィレンツェ・スクールの伝承者の一人でもある。クレモナ新作とは一線を画す独特の魅力的な個性のある作風である。

カルロ・ヴェットーリ(Carlo Vettori)

現代を代表するヴァイオリン製作の大巨匠の一人、カルロ・ヴェットーリ。クレモナの大巨匠ジョ・バッタ・モラッシ(Gio Batta Morassi, 1934-2018)やフランチェスコ・ビソロッティ(Francesco Bissolotti, 1929-)に比肩するフィレンツェの第一人者がこのC・ヴェットーリです。この3人の大巨匠の製作スタイルのルーツは、モダン・イタリアンの最高の製作家の一人、レアンドロ・ビジャッキ(Leandro Bisiach, 1864-1945)に始まるモダン期のミラノ・スクールという共通点があります。

カルロ・ヴェットーリ(Carlo Vettori)

C・ヴェットーリの魅力は、一流の製作技術に裏打ちされた確固たる個性です。スクロール、エッジワークをはじめとする造形、選択の好みがはっきりした美しい材料、奥行きを感じさせる質感の柔らかなニスは、いずれも一目でC・ヴェットーリの作品であることがわかる強いアイデンティティがあります。演奏上は、さらりと弾いてもまるでオールド楽器のように倍音が豊かで甘い音がしますが、一方で演奏者の様々な意図に応える豊富な音色のパレットも持ち合わせています。このことが、どのような演奏レベルの方が手にしても、しっかりとした弾き応えがあり、弾いて楽しいと感じさせます。

カルロ・ヴェットーリ(Carlo Vettori)

このヴァイオリンは1993年、C・ヴェットーリ53歳の時の作品で、精神・技術・体力ともに最も充実した時期に製作されたC・ヴェットーリの最高傑作のひとつと言えるでしょう。近年C・ヴェットーリは製作活動から引退してしまったため、その限られた作品の価値はますます高まりつつあります。クレモナ大巨匠の作品価格が高騰する中、それらと同じく現代の最高峰の大巨匠であるC・ヴェットーリは比較的常識的でお求めやすい価格で入手することができますが、そのチャンスもあとここ数年程度なのかもしれません。

販売価格:¥3,025,000税別:¥2,750,000)
  • この商品は一点限りの販売となります。
  • 他のお客様がご検討中の間はカートに入れることができません。その場合は時間を置いて再度アクセスしていただくか、お問い合わせください。
  • 売約済みとなった際には、ご購入いただくことはできません。
  • この商品はご注文後(銀行振込・郵便振替の場合ご入金確認後)翌3営業日以内に発送可能です。

この商品に関するお問い合わせはこちらからどうぞ

お名前:必須
メールアドレス:必須
お問い合わせ内容:必須